2007年04月23日

ゴルフクラブセッティングは難しいですね

ゴルフクラブセッティングは難しく、値段が高ければいいとか、トーナメントで活躍しているプロのゴルフクラブセッティングを真似てみても自分のスコアーが飛躍的に向上するものでもありません。まして、頻繁に買い換えるほど安価なものでもありませんし、中古でも自分に合ったものをゴルフクラブセッティングフルセットを入手するのはそれなりの時間や労力が必要になります。

さて、ゴルフクラブセッティングでは考えなければいけない事が沢山あります。練習して上手くなりたいという意志がハッキリしている人は現在の年齢でどこまでがんばれるか、現在の技術レベルからどこまで上を目指せるのか現在の体力レベルでどこまで頑張れるか等、冷静に判断して、ゴルフクラブセッティングを考えなければいけないと思います。年齢、平均スコア、年間ラウンド数、自身の体力レベルで自分が上達するために必要なゴルフクラブセッティングを知るべきです。

問題のゴルフクラブセッティングの決め方のポイントに、自分のゴルフクラブのライ角を知ることがあります。身長170センチ位に基準が置かれた日本のゴルフクラブセッティングと長身の欧米人に基準がある外国製ゴルフクラブセッティングでは外国製がアップライトになってる事を知っておきましょう。このライ角の選定の違いがフックやスライスの原因である事が多く、ゴルフクラブセッティングの間違いの多くの原因なのです。

ゴルフクラブセッティングでは、先にも書いた通り、ライ角度は自分に合ったものが大切です。ライ角が方向性や球筋を左右します。ライ角の設定は身長、リーチ、スイングスタイル、シャフトの長さと硬さなどの要素が絡み合い、個々の最適なライ角度が決まるのです。ロングアイアンやウッドなど、ロフトの1〜2度の差では弾道にはあまり関係ありませんが、ショートアイアンは、0.5度のロフトの変化でも大きく違いが出ます。ロフト差もゴルフクラブセッティングの基準にすると良いでしょう。





posted by ハム at 07:00 | TrackBack(0) | ゴルフ用品ゴルフ場予約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。