2007年07月04日

霊園についての話題

霊園とはそれまでの墓地が持つ暗く非衛生的なイメージを一新する広い土地に公園風に作られた共同墓地のことです。日本初の霊園は1923年(大正12年)に開園した多磨霊園です。それ以降に作られた霊園は、ほとんどが多磨霊園をモデルにしています。その後、霊園は地方都市へも広がっていきました。霊園の大きな特徴はある特定の宗教や宗旨、宗派にとらわれない事が挙げられます。

都道府県や市町村などの自治体が管理運営している霊園「公営霊園」と財団法人または宗教法人が事業の主体になる「民営霊園」があります。特徴として公営は費用は比較的に安く、民営は墓石などに自由度があります。最近のペットブームでペット用の霊園もあります。これはペットは人間用の墓地に埋葬できない為に作られました。

現代の霊園のスタイルは様々で郊外では公園墓地形式が主流で、都市部ではビル内の屋内霊園が主流になってきました。特に最近では小さいスペースにより多く埋蔵できる永代納骨のロッカー式納骨堂や自動倉庫式の納骨堂なども増えてきました。そして墓石等も必要とせずただ埋葬だけをしたいという方には合葬埋蔵がお薦めです。

気になる霊園の価格ですが、その内訳は大まかに永代使用料、墓石代、年間管理費となります。一番高額なのは公園墓地形式で墓石代を含めると数百万単位になります。面積の小さい屋内霊園は数十万から数百万、ロッカー式納骨堂は数十万、合葬埋蔵は数万円から利用できます。埋葬に対する様々な考え方によって霊園も選択できる時代になりました。





霊園についての話題の続きを読む
ラベル:霊園
posted by ハム at 20:00| ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。