2007年08月15日

FX(外国為替証拠金取引)をするメリットはいろいろ

FX=外国為替証拠金取引は、株式投資に匹敵する儲けを狙う外貨投資法です。元手のお金を証拠金として証券会社やFX専門業者に預け、その証拠金を担保にお金を借りて取引を行います。FX=外国為替証拠金取引は、1998年に日本と外国とのお金の取引を規定する法律「外為法」が改正され誕生した取引方法で、取引開始の当初は、金融庁のような監督官庁がなく、詐欺まがいの取引も多くありました。しかしながら、2004年12月に「改正金融先物取引法」が成立し、取扱い商品の説明義務や無理な勧誘の禁止などが明文化されました。これにより、取引トラブルは減少し、FX=外国為替証拠金取引のメリットが見えてきました。FX=外国為替証拠金取引は、外貨預金や外貨MMF、また株式投資と比べて儲けのチャンスが多い有効な投資方法です。

他の外貨投資商品や株式投資と比べて、なぜFXの儲けのチャンスが多いのでしょうか。もっとも大きな魅力は「少ない資金で大きな取引ができる。」ということです。元手が10万円なら、他の外貨投資商品や株式投資では、10万円までしか取引が行えません。しかしながら、FX(外国為替証拠金取引)なら、その数倍での取引(レバレッジ)も可能なのです。さらに、取引時間に成約がありません。為替が変動しやすい時間に自由に取引が行なえます。他の外貨投資商品や株式投資では、このようなことはできません。時間に成約があります。次にスワップ金利が受け取れます。スワップ金利とは通貨間に生じる金利差のことです。スワップ金利は投資した金額に対して毎日支払われます。さらに、FX(外国為替証拠金取引)は、手数料が安いという点があります。その手数料は外貨預金と比較して数倍も安いのです。FX(外国為替証拠金取引)は、外貨預金(1円)の10分の1くらい(10銭)で済みます。

良いこと場仮のようですが、FX(外国為替証拠金取引)にもデメリットはあります。FX(外国為替証拠金取引)は、大きな儲けが期待できますが、損をする可能性があるということも知っておく必要があります。FX(外国為替証拠金取引)は、レバレッジ効果のため、元手の数倍で取引ができますが、損が予想以上に大きくなる可能性もあります。通貨の大幅な下落が起こり為替差損が生じるケースです。また、証券会社やFX専門業者に預けている証拠金が全額保証されていませんので、注意してください。元本は保証されていません。例えばFX専門業者が倒産する場合に証拠金を失うこともあります。金利の高い通貨から金利の低い通貨に買い換えた場合、スワップ金利を逆に支払わなければなりません。FX(外国為替証拠金取引)のデメリットを十分に理解し、デメリットと上手に付き合い、いい機会がきたら大胆に行動をしましょう。

終わりに、実際、FX=外国為替証拠金取引を始めるのにどのようにすればいいのか、みていきましょう。FX=外国為替証拠金取引を始めるには、証券会社やFX専門業者に口座を開設する必要があります。そのため事前に業者をWEB等を利用して調べ、2-3社に資料請求をしましょう。申し込み契約をすれば口座が開けます。その後、証拠金を、口座に振り込みますと取引開始です。あなたが証券会社やFX専門業者に指示を行ないます。指示の方法は、電話取引、ウェブ取引、携帯電話等のモバイルを利用して行ないます。その中でウェブでの取引がお勧めです。なぜならウェブ取引であれば24時間いつでも取引ができますし、ウェブ上にいろいろな情報が満載でしかも為替状況が瞬時にわかりますので、儲けのチャンスを逃しません。モバイルも併用して利用すれば、いつでもどこでも取引が可能です。最近、日本の財政状況が危機的な状況です。それゆえ、金融資産の保全のため、外貨で資産を持つことでリスク回避につながります。そのような状況の中で外貨投資が人気を集め、その中でもFX=外国為替証拠金取引の人気が上昇しています。加えて、儲けるためには、世界の政治・経済の動きを知る必要があります。なぜなら、為替相場は国々の動きにより、為替レートが上下するからです。そのため、グローバルな視点で物事がみられるようになることも、広い意味ではメリットですね。











posted by ハム at 18:00| 金融・投資・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。