2007年04月15日

カーテンを選ぶ時のポイント

カーテンを選ぶときに気をつけなければならないのは、自分の判断だけで選ばないと言う事です。プロの方にアドバイスを受けた方がいいでしょう。カーテンレールの取り付けや採寸もお願いした方が無難です。お店で決定するのではなく自分の部屋に持ってきてかけてみてからにした方がよいでしょう。

注意すべきは、カーテンをお店で決めてしまってはならないということ。カーテンショップには必ずサンプルがあります。生地を小さく切った物です。でも、この大きさでは品質の善し悪しも判断し難く、また実際に部屋にかけたときのイメージがし難いのです。できることなら部屋にかけてみて選ぶ気持ちも大切です。

同じように、もうひとつ重要な事はカーテンレールの取り付け場所です。これを正しくつけないと、縦と横のバランスが悪くなり、せっかくのカーテンがキレイに見えないことになります。窓枠に対してどの位置にカーテンレールをつけるのが一番いいのか良く考えながら取り付けることをお勧めします。

最近は、ハウスメーカーがカーテンレールをどんなカーテンになるのか解る前に取り付ける事があります。これは逆です。カーテンレールはあくまでも脇役。また最近では窓装飾用品は多様になってきているので、カーテンレールが必ず必要とは限りません。レールが不要な場合に撤去するなんていうことになれば、壁面にキズ穴だけが残ってしまうので気をつけましょう。





タグ:カーテン
posted by ハム at 14:34 | TrackBack(0) | インテリア・寝具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38785029

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。