2007年04月29日

マリッジリングの選ぶ際の注意点

アレキサンドライトを前面に押し出した商品で人気のブランド、ジェムケリー。最近は、別ブランドを展開しています。倖田來未さんプロデュースのバイナリーフェイスは「うさぎとライオン」という二面性を形にしていますし、「幸せ」を意味するDICHAブランドではマリッジリング、婚約指輪、ピンキーリングなどがラインナップされており、繊細なデザインがとても人気です。

一番なじみが深いリングは、やはり結婚指輪ではないでしょうか。マリッジリングともいわれます。結婚式または入籍時に新郎新婦がリングを交換するものです。婚約指輪はそんなにつける機会がありませんが、マリッジリングは日々つけていくものなので、飽きの来ないデザインがおすすめです。

このマリッジリングは、二人の気持ちの象徴ということもあり、おそろいのデザインで、ということが多いです。ただ、手や指の大きさでリング選びが大きく変わってくるのも確かです。毎日身に付けるリングですから、できるだけデザインをそろえながらも、自分の手にあったものを選んでいくといいでしょう。

ウェディングに欠かせないアイテムといえばリングピローです。指輪交換の際、リングを置いておくクッションのことですが、最近では、テディベアであったりガラスであったりと様々です。結婚式後も、リングの収納としてや、部屋のインテリアとしても使うことができるので、選ぶ際はデザインにこだわりたいところです。





posted by ハム at 18:00 | TrackBack(0) | ジュエリー・腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。