2007年05月10日

ホットヨガについて

ホットヨガというのは、蒸し暑い部屋で行なうヨガのことで、室内を室温38℃、湿度65%の状態にすることで、筋肉や関節がもっとも柔らかくなります。それにより、ヨガ本来の難しいポーズがとりやすいだけでなく、ケガ対策にもなります。それがヨガとの大きな違いであり、ホットヨガの特徴です。

このホットヨガは、そんな高温多湿の室内で運動をするので、大量の汗をかきます。体内の老廃物が排泄されるので、便秘、冷え性、むくみ、肩こり、整理痛、肌荒れなどの改善が期待できるデトックス効果があり、運動不足解消はもちろん、現代人の寝不足などの原因であるストレス解消にも効果的です。

人気ホットヨガ・スクールは各地に増えてきてますが、最近では地域のカルチャースクールでもホットヨガを教えてくれるところも増えてきているので、格安で体験することができるようになりました。しかし、夏場は、しばらく窓を閉め切ることで、割とカンタンに高温多湿状態の部屋を作り出すことができます。その室内で書店で販売されている雑誌や本を参考に60〜90分間ポーズを取れば、自宅でも気軽にホットヨガに取り組めます。大量の汗をかくため、こまめに水分補給をして新陳代謝を促がしましょう。

脱水症状、熱中症、酸欠が、ホットヨガにおいて問題になったことがあるので、こまめな水分補給を怠らないようにしましょう。想像以上に汗をかくため、食後は3〜4時間あけないと吐いてしまう場合もあります。難しいポーズをするとき、メガネや靴下はケガの原因になるので、着用しないようにしましょう。





タグ:ホットヨガ
posted by ハム at 03:00 | TrackBack(1) | ダイエット・健康・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38785054

この記事へのトラックバック

ヨガ(ヨーガ)の種類:ホット・ヨガ
Excerpt: ヨガ(ヨーガ)の種類の一つに、 ホット・ヨガというものがあります。 ホットヨガ...
Weblog: 健康情報局
Tracked: 2007-05-10 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。