2007年05月20日

摂食障害とは

摂食障害とは、「食事を摂取することに問題がでる病気」という意味です。大きく分類すると、摂食障害には、「神経性食欲不振症」と「過食症」とに分けられます。特に、ストレスや過度なダイエットをする若い女性に多く見られます。

ダイエット等で痩せてスタイルが良くなるのは良いのですが、神経性食欲不振症(拒食症)になると、身体症状、行動異常などの症状が現れます。神経性食欲不振症(拒食症)では、自然治癒する人もいれば、慢性化して入退院を繰り返す人、死に至るケースもあり、死亡率は4〜20%と言われております。

特に、成長期の女の子の精神と身体の両方に、この摂食障害は大きなダメージを与えます。このほかにも、アルコール依存症との関係も指摘されております。摂食障害は、今後も増える傾向にあり、大きな社会問題となっているのです。

特に若い女性は間違ったダイエットをしている場合が多く、摂食障害を引き起こすケースが多いのです。これからダイエットしようとしている方はぜひ栄養のバランスや運動を心がけ、決して偏った間違ったダイエットをしないよう注意しましょう。





ラベル:摂食障害 健康
posted by ハム at 15:00| ダイエット・健康・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。