2007年06月05日

ビジネス見積もりは営業マンの腕のみせどころ

見積書作成は、ビジネスマンの日常業務です。社会が複雑になり、スピーディーになるにつれて見積書の作成も複雑になる傾向があります。従って、今の世の中では、見積書の作成はコンピュータによってなされるのが一般的です。

手書きの見積書では笑われる時代です。単に笑われるだけならご愛嬌ですみますが、仕事が取れないとなると問題です。見積書は、お客様へのラブレターとは一昔前のことになってしまったようです。

確かに、見積書をコンピュータで作成するとなると、ワープロ文字も打てますし、計算も同時に出来てしまいますので、非常に楽です。ゼロから作成するにもテンプレートがたくさんあったり、社内の過去の見積書を使えば簡単です。

しかし、コンピュータもソフトもあくまで道具に過ぎません。クライアントの要望を的確に把握して見積書をクライアントへのラブレターと仕上げるのは営業マンの腕次第です。時代や環境が変化しても見積書作成のために営業マンに求められる資質は不変です。








和歌山市内に新たなランドマーク誕生...

【関連する記事】
posted by ハム at 00:00| ビジネス見積 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。