2007年07月03日

仲人を誰に頼むか悩んだときは

結婚を決める際に、仲人を誰にお願いするか悩みます。仲人とは、結婚したあとも夫婦の相談役として、相談や世話をしていただける方です。現代は仲人をお願いする人が少なく仲人なしの略式の結納、結婚式が増えているようです。お願いしても昔のように相談役までやってもらう仲人ではなく、あくまで形式的に仲人になってもらう場合が多いようです。

仲人は、結婚式当日は挙式に立ち会い、仲人婦人は花嫁のそばに付いて、介添えをします。披露宴の招待客には仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴が紹介されます。結婚後は人生の先輩として、若いふたりの力になってくれる存在です。又、結婚準備中はお金の話など両家が直接話しにくいことを間に入ってまとめたり、結納の進行役をつとめたりします。仲人は、勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日頃からお世話になっている年輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。お見合い結婚の場合は、ふたりを引き合わせた人がつとめることが多いようです。

結納だけの仲人への謝礼は一般的には結納金の1割程度と言われていますが、お互いの間柄により考えて決めます。車代は実費の1.5〜2倍くらいが目安です。祝い膳をやめる場合は、お礼とは別に両家で酒肴料3〜5万円程度を包みます。

今時は、結婚式当日だけ仕事をお願いする「頼まれ仲人」が増えています。結納などの儀式が簡略化されつつある影響でしょうか。また「形だけの仲人さんなら頼まなくてもいい」と、仲人をたてない結婚式もあるようです。 仲人をたてるか、たてないかは、それぞれの両親も交えてよく話し合って決めましょう。




「お窯が届く」/お中元何がいいかな/人前式/(NPO法人かすみ草の会結婚相談所カッ.../新事務所。

ラベル:結婚 仲人
posted by ハム at 13:00| ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。