2007年07月24日

沖縄料理の専門店をあちこちで見かけますが

沖縄の長寿の理由として、食べものにあると言われています。最近の沖縄ブームの人気の一つとしても沖縄料理が上げられていますが、チャンプルーに始まる沖縄料理について、その長寿の秘密に迫りたいと思います。

沖縄の長寿を支えてきた食文化を追いかけてみると、日本が戦国時代と時を同じ頃、アジア貿易でその名を馳せた琉球王朝 その宮廷料理にヒントが見つかりました。櫂を刀になぞらえて 中国、日本、さらに南方貿易の幹としてアジア全域の文化物資を集約した文化それがチャンプルー文化です。外交戦略を基本としてきた琉球にはアジア全土の情報や文化物資が混在したそうです。

長寿沖縄の料理の代表格として有名なのがチャンプルーですが、その種類は多種多様です。ゴーヤーチャンプルに始まり、麩、ソーメン、ヘチマ、等 しかし、基本の調理法はほとんど同じです。旬の素材を活かし亜熱帯の気候に耐えうる活力を生み出します。

沖縄の長寿料理の着目点は他に もとうを良く使う、昆布海草と豚全体を使用する料理等、大人数で多品種を食べる、材料は丸ごと料理に用る。これらから判る事は、栄養統制の取れた料理を多品種摂り、風土にマッチした生活が大切のようです。









タグ:沖縄 料理
posted by ハム at 18:00| 料理・レシピ・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。