2007年07月30日

エステティシャンの仕事とは

エステティシャンの仕事は人を綺麗にすることです。エステティシャンの主な仕事はフェイシャルトリートメント、脱毛、ボディケア、アロマテラピー、リフレクソロジー、タラソテラピー、カウンセリングなどが挙げられます。そのためには人の体と心の仕組みや機能を学習するとともに、エステティシャン自身が綺麗であり心身ともに健康であることが望まれます。

さて、エステティシャンの資格には国家資格や公的なライセンスはありませんが、日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)などの民間団体がエステティシャンの資格を独自に認定しています。エステティシャンの資格は必須ではありませんが、エステティシャンとしての知識や技術のレベルを証明するものですから、エステ業界に勤めるならば取得しておいて損はないでしょう。

日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)などの業界団体が実施するエステティシャンの認定試験に合格することにより取得できます。日本エステティック協会が認定するエステティシャン養成学校を卒業すると、試験免除で日本エステティック協会認定のエステティシャン資格を取得することができます。

エステティシャンの資格は、日本では毎年2000人ほどの人が取得しており、そのほとんどが若い女性です。かつては一部の女性だけが利用していたエステも、最近では年齢層も広がり、女性だけではなく男性のエステ利用も増えてきています。エステティシャンの資格は今後ますます注目されるでしょう。





ラベル:エステ 美容
posted by ハム at 16:00| 美容・コスメ・香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。