2007年08月12日

今ではカーナビが当たり前

最近では、カーナビの装備は当たり前になっていて、種類も価格も迷うくらいに豊富です。とはいうものの、カーナビまだ、これからだという方もいるでしょう。カーナビを選ぶためのチェックポイントを整理してみましたので、ご参考にして下さい。

もし、カーナビを目的地までのルートを知らせるツールに過ぎないと思っていると、大変もったいないです。新車発売時に装備されているのには、当然ながら意味があると思いませんか?昔ながらの行き先案内ツール以外の面をこれからみてみましょう。

本来の道案内機能は、今のカーナビでは音声ガイダンスなどごくふつうになっていますね。こうした基本機能に加えて、到着時刻予想であるとか、混雑状況、周辺の休憩所、食事処、コンビなどの店舗情報データが充実していますので、ボタン一発で使える「動く電話帳」みたいな機能がありがたいのです。

最後は、カーナビのタイプについてです。最新のカーナビでは、目的地検索からルート探索までを通信を利用して行うものが登場しています。カーナビ本体には、基本地図データと位置測位のGPSユニットおよび通信ユニットだけを備え、目的地の検索やルート探索は通信を利用するというものです。ただし、新機種・新サービスはいろいろ予測外のこともありえますし、価格も高めであることは念頭においた方がよさそうです。





タグ:カーナビ
【関連する記事】
posted by ハム at 17:00| 車用品・バイク用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。