2007年08月19日

生命保険で得をするコツ

生命保険は長期間、保険料を支払いますが、支払った保険料はどうなるのでしょう?支払った保険料を満期時に受取れるのが養老保険です。積立型とも言われています。支払った保険料が返ってこないのが定期保険です。こちらは掛け捨てで、死亡保障のみを目的としており、養老保険と比べて同じ保険料なら定期保険の方が保障は高くなります。同じタイプでは医療保険がありますが、こちらは高額の医療費を補填する目的のものです。

生存保障型は保険契約者が生存していれば何らかの給付金(例えば入学祝金など)が受取れる、というものです。しかし、生命保険であることには変わりはないので、こうした給付金を別の金融商品で積立て、保障はもっと保険料の安い生命保険にする、という方法も考えられます。保険に積立部分があるので、自然にたまっていって便利、という人にはいいかもしれませんが、トータルの収支を考えた場合、良く研究しないと結局、保険会社の口車に乗せられた、となります。一方、死亡給付型は保険契約者が死亡や高度障害に陥ったときに支払われる死亡保険金のことです。

生命保険の販売方法では国内生保と外資ではかなり違います。国内生保は営業の主力がセールスレディであるのに対して、外資系はほとんどが男性です。そのほかに外資はTVCMを通じた通販も得意です。こうした販売方法が取れるのは、外資の保険は単純で誰にでも分かりやすいからだといわれています。逆に国内生保は、色々な特約などを付加していく商品設計のため、保険の内容が分かりにくいといわれています。

このように生命保険には色々な種類がありますが、どの保険に加入するかは悩みます。しかし、自分の年齢や将来設計などを一度、紙に書いてみてください。人生の時々で必要な生命保険の種類は変わるはずです。例えば結婚を機に大型保障の保険に加入する、会社の経営者になった、などです。必要な情報はインターネットの生命保険比較サイトなどを利用することで得られます。





タグ:生命保険
posted by ハム at 19:00| 金融・投資・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。