2007年04月14日

アコースティックギターについて

アコースティックギターは幅広い年代で愛され続けています。アコースティックギターが幅広い年代層にこんなにも長く愛され続ける要因には、ニューミュージック世代のミュージシャンの貢献があると考えています。吉田拓郎、かぐや姫、さだまさし、長渕剛、浜田省吾等ですね。現在ブレイクしているコブクロやゆずなども少なからずニューミュージック世代の影響を受けています。

そんな魅力に惹かれてアコースティックギターのテクニックを習得したいと思ったなら、ニューミュージック世代の曲を練習することをおすすめします。この世代の曲にはすばらしい曲が大変多いですし、初心者向きの曲から上級者向きの曲まで多数あります。初心者向きの曲でも現在聞いてもすばらしい曲が多くあります。

初心者のアコースティックギターの選曲は自分のレベルにあった曲を選曲することが重要です。しかし、できればメジャーな曲で練習したいですよね。そこで初心者の練習に最適なメジャーな曲を紹介します。それは長渕剛さんの「とんぼ」です。ストロークで演奏できますし、リズムも単純です。また、Fなどのバレーコードもありません。まさに初心者のための曲です。ぜひチャレンジしてみてください。

こうして練習して少し弾けるようになると、初心者なのに何十万円もするアコースティックギターを購入する方もおられます。確かに安いギターと高級ギターは素材から作り方までしっかりしているので弾いてみると違いが全然違います。しかし、それは初心者レベルでは分からない違いです。数万円のギターで十分です。練習してある程度のレベルになって高級ギターを購入したときに初めてその違いが実感できるようになります。







posted by ハム at 14:40 | TrackBack(0) | CD・DVD・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。