2007年06月03日

パソコンのウイルスの怖さ

パソコンのウイルスは、外部から侵入してパソコンの中に寄生するプログラムです。悪意をもった動作をするため、一度感染するとやっかいです。場合によってはOSの再インストールや、最悪のケースでは、ハードディスクの交換となりデータが無くなってしまう場合があります。

このパソコンのウイルスの怖さは、電子メールの受信やホームページの閲覧で勝手に感染してしまうことです。感染した場合には、パソコンの処理速度が遅くなったり、プログラムがパソコンの中で増殖したり、他のパソコンに感染したメールを送りつけたりします。最悪の事態では、データ消失、パソコン動作停止などもありえます。

どうやってパソコンのウイルスの感染を防ぐかについてですが、ウイルス対策ソフトをインストールしておくことが必要です。それに加えて、お使いのソフトのアップデートをして、修正用のパッチプログラム、アップデートプログラムの最新版を適用しておくことです。お使いのソフトそのものにセキュリティホールがあり、ウイルスはそこを見つけて侵入して来るからです。

「プログラムのが突然遅くなった」というような場合は、パソコンにウイルスが感染している危険性があります。直ちにインターネット接続を外してウイルス対策プログラムをインストールして駆除する必要があります。例えば、「英語のタイトルのメール」など怪しいメールは、開封せずに削除して下さい。開封するだけで感染するプログラムが仕組まれている場合があります。




追試/「凄い!5倍以上のエネルギーゲインが.../【ポイント5倍!6/8 09:59まで】004PK.../携帯電話 デジカメ/インターネット上の憲法論議/楽天の特売情報/トレンドマイクロ とは/new 携帯

posted by ハム at 19:00| パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

パソコンデータのバックアップはなぜ必要か

パソコンのデータのバックアップをしていて助かったことがある人なら、その必要性をよくわかっているはずです。パソコンの故障などのトラブルは急にやってくるからです。特に仕事のデータなどは消失すると、とんでもないことになりかねないです。そうなる前にパソコンのデータのバックアップをしておくべきです。
PCデータのバックアップ媒体と言うと、他のパソコン、外付けHDD、DVD-R、CD-Rなどがあげられます。これらに定期的にバックアップをしていけばいいのですが、その管理をする便利なソフトもあります。自分でするには単純にデータをコピーするだけでいいので、それほど手間はかからないと思います。
いろいろなバックアップ媒体がある中で、値段も安く利用者が多い媒体はCD-RとDVD-Rですが、2つの大きな違いはCD-Rが650MBか700MBで、DVD-Rが4.7GBという容量の違いがあります。ですから使う用途によって選択するといいのですが、主に動画などのファイルサイズの大きいものを保存するにはDVD-Rが適しています。
しかし、CD-RやDVD-Rはちょっとした傷が記録面につくだけで、せっかくのバックアップデータが取り出せなくなったりすることもあります。ですから記録したあとのCD-RやDVD-Rの保存には気をつける必要があります。ですが本当のデータ消失で困るぐらいならそんなに大変なことでないはずです。

'データ'は'バックアップ'が肝心!/626204ステップで、面倒なバックアッ.../楽天の特売情報/I・O DATA HDC-U320 320GB 外付.../I・O DATA HDC-U320 320GB 外付.../I・O DATA HDC-U320 320GB 外付.../【ポイント5倍!6/8 09:59まで】KB-FL.../大ピンチ/おひさしぶりっと/2007年しまなみ海道100Kmウルトラ遠足/'データ'復旧
posted by ハム at 19:00| パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

パソコンとは

パソコンとはパーソナルコンピュータ (Personal Computer) の略で、主に個人の使用目的に作られたコンピュータのこと、他にPC(ピーシー)とも略されています。1970年代後半にアメリカで開発されました。

一般的に高機能、高性能のパソコンが据え置き型、可搬性を重視したのがノート型ですが、最近ではノート型でも高機能、高性能な製品もあります。ホームユースでの使用の場合は使用目的にもよりますがノート型で充分な場合もあります。

目的により使用するソフトを使い分けるのがパソコンの特徴です。使いこなす為にはソフトの習熟が必要で、関連書籍やインターネットの検索で知識を得て勉強しましょう。パソコン初心者の方はインターネットとメールから始めることをお薦めします。

情報収集から様々なものが作成できる便利なパソコンですが、あくまでもパソコンは道具です。色々なことができるからといって本来の目的からそれてしまうこともしばしば、目的に向かって必要最低限な機能で作成するクセをつけましょう。




メディアコンバータ/[経営戦略]MS、地域に貢献するICTイ.../世界で最も薄いラップトップ、動画で.../インフォトップモバイル開始!/Jリーグ選手'パソコン'研修

ラベル:パソコン
posted by ハム at 06:00| パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

メモリースティックの来歴紹介

メモリースティックとは、ソニーが中心となって開発し’97年7月に発表された小型メモリーカードのことで、コンパクトフラッシュ(CF)、スマートメディア(SM)に次いで3番目に長い歴史をもつデバイスである。CFやSMはPCカードのインターフェースに強い影響を受けていたが、メモリースティックは独自のインターフェースを持ち、明らかに他のメモリカードとは一線をかくものであった。

メモリースティックには、電気的仕様で規格が2種類ある。メモリースティックとメモリースティックPROである。また、電気的仕様とは別に物理的仕様で規格が3種類ある。フルサイズ(長さ50mm)のメモリースティック、長さを31mmまで短縮したメモリースティックDuo。このようにメモリースティックは、2種類の電気的仕様と2種類の物理的仕様で構成され、現在発売されているのはメモリースティックPRO/PRODuoとメモリースティックの計3種類である。

注意点としては、メモリースティックと対応製品の互換性問題が数々報告されている。そのひとつとして、VAIOの内蔵スロットで一部のメモリースティックが認識されなかったり、データ書き込みに失敗する事例がある。 購入されるには、サイトで互換性の情報を入手しておくことを勧める。

メモリースティックはソニーにとってデジタル家電の業界標準メディアとするべく強く押し進めてきたデバイスではあったが、大容量化への遅れ、派生規格のわかりずらさ、互換性問題などと問題は多く存在は揺らぎ始めている。世界のSONYを愛するユーザを裏切ることのない製品作りを期待したい。





WACOM FUZ-A121 替え芯(フェルト芯)/三菱化学 DHR47HP50 DVD-R(Data)4.7GB.../XMBからリカバリーモード/CFD D2U667CK-S512/M DDR2 PC5300 JED.../オープンアプリ対応機種/ビジネス 富裕層/ニュース 仕事場でのできごと。/<プレスリリース>ソニー、メモリー...

posted by ハム at 14:00| パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ますます便利になる電子手帳

電子手帳の普及しだしたのはバブル景気の始め頃でした。それは、忙しい日本人のビジネスマンへ携帯の筆記用具やメモ帳の簡易性と形態性をそのままに、情報の増加と多様化への新たなビジネスツールとしてスタートしたものである最初は住所録で、名前と電話番号を記録、検索するだけの簡単なものだったのです。

携帯的な手帳の役目だった電子手帳はそれから、ワープロ化しました。かな入力や漢字変換も可能になって行き、その機能は益々充実したのでした。電子手帳の進化はカード式のメモリーチップの開発で電子辞書機能やゲーム機能、電車の時刻表、翻訳機能、さらには音声翻訳辞書へと発展していったのです。

電子手帳の普及とバブル景気の成長はほぼ平行して伸びていくのでした。当時の時流は「重厚長大」から「短小軽薄」とされ、電子手帳は沢山のビジネスマンをユーザーにとりこんでいくのでした。また、電子手帳を製造するメーカーの電子技術もますます向上し、電子立国日本は世界中にその名を轟かせるまでになるのです。

驚くことに電子手帳は、いまではPDAと呼ばれる小型のパソコンとして携帯電話の機能がつくところまでになりました。でも、昔ながらの手帳がなくなったわけではありません。どんなに高機能のデジタル化が進んでも私たち日本人は文字の文化、手書きの文字に人の温もりがあることを無意識に知っています。あなたは、今年も書店で手帳を買い求めるのではないでしょうか。




iPod ステレオサウンドレコーダー/200X年8月(5)/1ヵ月半経過/田中美保 新垣結衣 雪印が7年ぶりに.../あんぱん ダイエット 岩盤浴 ナイシト.../この大切な風習を守りたい。/中国語の'電子''手帳'から研究アイデアわ.../はじめての郵便局/アフィリエイト 新着人気ブログFXおよ.../松坂のジャイロは存在する、と正捕手.../押切もえ ☆★☆豆遺伝子☆★☆/エルセーヌ(えるせーぬ)リンク集10/:3/彼氏or彼女できました/ここ最近での初体験…/おもちゃ!!/タイヘイが「美穀御膳」を発売。ダイ.../ニュース 蒼井の優の伊勢谷の友介最新.../PORTER CLIPシステムバインダー/消費者金融の相談目立つ/なんとなく/エルセーヌ(えるせーぬ)リンク集2/お昼ごはん考え中。/東京タワー/学校、辞めることにしました。/NEWS 米英に事例が少ない魑魅魍魎の世.../モバイルメディアリサーチ、携帯'電子'.../ダイコンバトル/質問/2日分一気に更新/背徳感が・・・/イーモバイル

posted by ハム at 09:00 | TrackBack(0) | パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

パソコンの性能を上げる激安な方法

今使用しているパソコンの性能を上げるには、どうしたらいいのか?使っていてスペック的にストレスを感じたとき考えてしまいませんか?メモリやハードディスクの増設などは一般的ですが、最も効果があるのはCPU交換することです。

データの演算処理やコンピュータ機器の制御を行っている部分がCPUと呼ばれ、中央処理装置のことです。人間でいう脳の役割をもっているのがCPUです。CPUも人間と同じで頭の回転が速ければ優秀だということです。この回転速度はクロック数といわれ「○○MHz(GHz)」と表されています。

CPU交換するときには事前に確認しておかなければならないことがあります。CPUは取り外し可能かということです。古いパソコンなどで基盤に直接固定されている場合があるからです。またマザーボードが交換したいCPUをサポートしているかどうかも重要です。

CPUを交換することでパソコンのメーカー保障がきかなくなるというリスクがあります。自分でトラブル対処ができない方にはあまりお勧めできません。CPUは精密機器ですので、取扱にも注意が必要です。作業前には必ず電源コードを抜き作業しましょう。






不思議発見/踊り子61歳に/デジカメ2/届いた/本日のメニュー: おっとと

ラベル:激安 パソコン
posted by ハム at 13:00 | TrackBack(0) | パソコン・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。